ホームアクシデントケースLawsuit 18-011 ゴール転倒事故の刑事責任

Lawsuit 18-011 ゴール転倒事故の刑事責任

By | 2018-12-23T17:24:31+00:00 2018-12-23|

Lawsuit 18-011 ゴール転倒事故の刑事責任

2017年1月に、当時10歳の4年生の男子児童がハンドボール用ゴールの下敷きになって死亡した事故で、福岡県警が、校長や当時の担任教師ら数人がゴール転倒防止に必要な安全措置を怠った疑いが強まったとして、これらの者を業務上過失致死容疑で書類送検する方針を固めています。